技術ブログ

組み込み製品では、電源を切った後も記憶させたい情報の保存先として、大抵 EEPROM が使われます。ですから、製品を開発しようとするとき、ソフトウェア開発者はこの EEPROM 内部のデータ構造を設計する必要があるわけです。

技術ブログ

Haskell(ハスケル) というプログラミング言語をご存知ですか? 関数型プログラミングという、近ごろ主流となりつつあるパラダイムの先駆けともいえる言語です。

日本では2006年頃にちょっとした Haskell ブームが ...

技術ブログ

SI 接頭辞という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、要するにキログラムの「キロ」や、ミリメートルの「ミリ」の部分がそれです。ここでの主張は、「主要な SI 接頭辞は 3 の倍数であることを理解しよう」というものです。

技術ブログ

過去の記事「動的メモリを使ってはいけない」で説明したように、組み込みで動的メモリを使う場面はほぼ皆無です。そして動的メモリを使わない限り、デストラクタは必要ありません。結果として組み込みプログラムでは、コンストラクタを持ち、デストラク ...

技術ブログ

私はある職場で「リスクアセスメント」というものを習ったことがあります。建設現場や工場など、作業者の身に危険が及ぶような職場で、安全を保つためのメソッドとして広く採り入れられているものです。

そこではまず、職場に潜む危険源を ...

技術ブログ

組み込みソフトウェアは動的メモリと非常に相性が悪いです。

一方で、今日では常識となりつつある設計やプログラミングの技法の多くは、動的メモリの使用を前提としています。

このギャップは、意識しなければいけないところ ...